お問い合わせをお待ちしております
TEL. 046-253-1410
営業時間 9:00 ~ 19:30  木曜定休

深視力測定

大型自動車免許や二種免許の取得時に測定される「深視力」を、
当店でもチェックすることが可能です。

深視力検査に合格できない場合、適切な眼鏡装用で解決できることもございます。
ご相談くださいませ。

深視力計当店で使用している電動式の測定器械です。

棒の移動速度は試験場の器械と異なりますので、繰り返し練習することでタイミングを体で覚えてしまうと、本番で困ることになります。

当店では、当店スタッフが棒を動かし、且つ、棒の動く距離を変化させた状態で練習を積んでいただきます。
お客様自身で棒を動かすことができるので、お一人での練習も可能です。

深視力計正面 正面からだと、わかりにくいですが。。。

箱の中に見える3本の棒のうち、真ん中の棒が、前後に動きます。

両隣の棒と同位置に並んだと感じるところを答えていただきます。

前後2cm以内の誤差が合格範囲です。

3回測定し、合計誤差6cm以内で合格です。 




3本の棒を斜め横から見ると、こんな感じです。
真ん中の棒が奥→ピッタリ→手前と動いています。


    

ご参考までに、当店の深視力計が作動している動画へのリンクを貼っておきます。
AVIファイル・MP4ファイルをご用意しました。
どちらかでご覧になれれば幸いです。
(スマートフォンでは、無理のようです。)

なお、カメラの性能に由来するものと思いますが、
動画では真ん中の棒の太さが変化して見えます。
実際は、このようにあからさまに変化しては見えませんので、ご承知おきください。
また、実際の検査距離に即した撮影距離でもございませんので、ご注意ください。


shinshiryokuA.avi へのリンク

shinshiryokuB.mp4 へのリンク


深視力検査に合格するためには、精密な「立体視」がなければなりません。

精密な「立体視」を得るためには、

・左右眼の見え具合が可能な限り同じであること
・適切な両眼のチームワークを有していること

などの条件が必要です。

当店では、お客様がこれらの条件を満たしているか、満たしていなければ、
適切な眼鏡装用でそれを補うことができるかを、詳しくお調べいたします。


当店では、原則として相談料3,000円を頂戴いたしております。
ただし、メガネ一式もしくはレンズ交換のご注文を賜った場合には、
相談料は無料です。
(両眼視機能トレーニングが必要な場合、指導料として、別途2,000円を
頂戴させていただく場合がございます。)

当店での度数・視機能測定は、当店でのご購入を前提として行なっております。
上記の「相談料・指導料」は、ご購入に至らなかった場合に、
応対に要した時間や知識の対価として頂戴する「手間賃」のようなものです。
測定データをお売りするためのものではございませんので、
「購入は他店でしたいので、測定データを渡してほしい」
といったご要望にはお応えできません。
あらかじめご了承くださいませ。



なお、以下のような場合は、理論上、精密な立体視を得ることはかなり困難であり、
結果として深視力検査の反応もよくないことをあらかじめご了承ください。

◎片眼の視力が完全に、あるいはほとんどない場合

◎左右の視力差、度数差が大きすぎる場合

◎メガネやコンタクトレンズを装用しても、十分な視力の得られない場合

◎斜視や斜位のため、両眼のチームワークが得られないか、不十分な場合

◎「右眼・左眼のそれぞれから脳に送られた2つの物体像を、
脳で1つの物体像として統合する能力」が欠如しているか不十分な場合



当店の測定器械は試験場での測定器械とは異なります。

正直に申し上げますと、「自店の器械なら良好な測定結果が得られるのに、
試験場の器械ではダメだった
」というケースもございます。

ゆえに、当店での測定結果、および当店での結果を基に調製した眼鏡は、
試験場における深視力検査の合格を完全に保証するものではない
ことを
ご了承ください。
(ただし、安全運転のためには、極めて有効と思われます。)

調製するメガネは、あくまでも深視力検査に合格することを念頭においています。
お客様によっては、深視力検査には効果を発揮するけれど、
違和感が強いなどの理由で、常用するにはちょっと苦しい、
というメガネに仕上がることもございます。

なお、当方での検査の結果、現在お使いのメガネ(あるいは裸眼)と比べても
余り効果が変わらない場合は、その旨を正直にお伝えいたします。

決して、
無理にメガネのご購入を勧めることはいたしませんので、ご安心ください。

お客様によっては、小道具を用いた「両眼のチームワークを鍛える訓練」のみで
合格されるかたもいらっしゃいます。
メガネではなく、コンタクトレンズの装用をお勧めする場合もございます。

逆に、当店では合格できない原因がわからず、
お力になれないままお帰りになるかたもいらっしゃいます。

いずれにしても、お客様の眼の状態をチェックしないことには始まりませんので、
遠慮なくご相談いただければと思います。
お客様のお役に立てるよう、せいいっぱいの対応をさせていただいております。

検査及び練習時間を含めて、60分~90分程度を要することが多いです。
(中には、2時間を超えるかたもおられます。)
お時間には、十分に余裕を持ってご来店くださいませ。


ご注文いただいたメガネの納品には、
度数によって1週間程度
かかる場合もございます。
免許更新の期日が迫っている場合には、特にご注意ください。


運転の条件視力検査は裸眼で合格できても、深視力検査にメガネが必要な場合、運転免許証には、深視力検査を必要とする車種を運転する場合に限り「眼鏡等」の条件が記載されます。



免許試験場での深視力検査は期間内であれば何回でも受験することが可能です。
たとえば、「3回不合格になったら再検査不可能」といったことはありませんので、ご安心ください。


深視力計のタイプ(1窓式と2窓式)

深視力計は手動式・電動式といった動力系の違いだけではなく、
棒を覗き込むための穴の構造によっても分類可能です。

私が所属している「深視力メガネ研究会」では、
2.5m離れた位置から棒を見るタイプを「一窓式」、
箱の中を覗き込むようなタイプのものを「二窓式」と区別しています。

当店に用意している前述の装置は「一窓式」です。
運転免許試験場では「二窓式」のみのところと、
「一窓式」も置いてあるところとがあります。

両方用意されているところでは、まず「二窓式」で実施し、
それでダメなら「一窓式」を実施するというのが一般的です。

2窓式深視力計
「二窓式」の最もポピュラーなものです。

深視力と視力が測定できます。

画像では切れてしまっていますが、正しい位置で覗いているかを試験官が確認するため、上方に鏡がついています。


2窓式正面
受験者は、上部の黒い部分にある2つの窓から中を覗きます。

下方のレバーにはボタンがついてます。
三本の棒が並んだと感じたら、左右どちらか好きなほうのボタンを押します。



この機械は、最初は視力測定モードになっていて、

視力モード


視力測定が終わると、深視力測定モードになります。
(下記の画像は、右眼の覗き穴から見た状態と、それを拡大したものです。)


深視力モード

拡大

一般には、「二窓式」のほうが難しいと言われています。

私が試した感じでも、「二窓式」の方が判断はしにくかったです。
予備知識のない人が、いきなり「はい、やりなさい」と言われたら、
面食らうかもしれません。

何が何だかわからないまま不合格となり「一窓式」にまわされても、
よい結果は得られにくいでしょう。

自店では「二窓式」を試していただくことができませんので、
調製するメガネも「一窓式」で合格することを目標にしています。

万一、「二窓式」で不合格になっても、決して動揺せずに、
「一窓式で合格できればよい」という意識で臨んでいただくよう、
アドバイスさせていただいております。

神奈川県の場合、二俣川の運転免許試験場には
「一窓式」と「二窓式」が用意されています。

また、警察署では「二窓式」の深視力計のみを設置しているところがほとんどのようです。
警察署で更新手続きをして、うまくいかない場合は、
二俣川に行ってみるというのも方法かもしれませんね。

ただ、警察署の話では、「二俣川ではダメだったけど、警察署では合格できた」
という例もあるそうですが。。。


ご予算の目安

「試験に受かればよい」「フレームには特別こだわらない」というお客様もおられるかと思います。

当店でのフレームとレンズを合わせた一式最低価格は20,000円です。
ただし、度数によってはレンズがかなり厚くなります。

日常生活を裸眼で過ごしておられるかた以外は、
26,000円~40,000円くらいを目安と
されるとよいかと思います。

「ふだんも使いたいし、フレームにもちょっとこだわって」ということですと、
フレームとレンズを合わせた一式価格は、

単焦点(遠く専用)で40,000円前後~60,000前後、

遠近両用で50,000円前後~70,000前後

が比較的多い販売価格帯になります。


ご遠方のかたに

当店は「深視力メガネ研究会」の会員店です。

当店へのご来店が難しい場合、お近くで深視力測定ができるお店があるかもしれません。

↓こちらをご覧ください。


「深視力メガネ研究会」会員名簿

「深視力メガネ研究会」公式ホームページ


お問い合わせ

icon 電話番号046-253-1410 icon FAX046-256-3359

→メールでのお問い合わせ

48時間以内の返信を心がけております。
返信が遅い場合は、迷惑メールフォルダをご確認してみてください。

ページトップに戻る